メインメニュー
ゲンキ数珠つなぎ
[2018年6月放送]

(再生中にマウスをのせると一時停止、ボリューム、全画面表示等のボタンが表示されます。)

ブログ
ニュースレター
*國本のツイッターです
Facebook
検索
労働・社会保険 : 非正規雇用社員増加で若年層の収入格差拡大 労働経済白書
投稿者: kunimoto 投稿日時: 2006-8-10 18:40:02 (1588 ヒット)

派遣社員やパート社員として働く若年者が増加しているため、20代を中心
に所得格差が拡大していることが、厚生労働省がまとめた2006年版「労働
経済の分析」(労働経済白書)でわかった。1992年からの10年間で非正社員
として働く人の割合は20〜24歳で10.7%から31.8%、25〜29歳で11.6%から
22.7%に増加。この間、20代で年収150万円未満の人は15.3%から21.8%、
年収500万円超の人は2.9%から3.2%に増加している。

印刷用ページ このニュースを友達に送る
Copyright(c) 2006 YUTAKA KUNIMOTO All Rights Reserved. Supporting By Crouton Co., Ltd.