メインメニュー
ゲンキ数珠つなぎ
[2018年6月放送]

(再生中にマウスをのせると一時停止、ボリューム、全画面表示等のボタンが表示されます。)

ブログ
ニュースレター
*國本のツイッターです
Facebook
検索
会社を伸ばす就業規則を作成して、利益の上がる会社を作りましょう!
次の項目に一つでも該当したら・・・  就業規則の見直しをしませんか。

・就業規則は会社の金庫に大事にしまっている
・3年以上、就業規則を見ていない
・実は就業規則の内容が分からない
・労務の専門家に見てもらったことがない
・就業規則はあるが、よくある雛形に少し手を加えただけである
10.服務規律とは何だ?

服務規律とは、「職場で働くうえで社員が守らなければならないルールのこと」を言います。私のやり方としては、まず一般的な禁止事項を書いて、他に重要な事項(出退勤、セクハラなど)を独立して定めています。

その内容の一部はというと、
○会社、取引先等の機密を持ち出してはならない
○会社の承認を得ないで、他の職務に就いてはならない
といったやや堅いものもあれば、
○酒気を帯びて勤務してはならない
○職場の整理整頓に努めなくてはならない
○服装を正しくし、作業の安全や清潔感に留意した頭髪、身だしなみをすること
といった、「えっ、こんな当たり前のことも書くの・・・」といったものもあります(ちなみに書いていることは他にも沢山ありますよ)。

「子供じゃあるまいし・・・」と感じるかもしれませんが、皆さんの職場で、「このようなルールがなくても、当社の社員は完璧だ!」と自信を持って言うことができますか?もし少しでも心配があるのなら、きちんと服務規律を定めておきましょう。
また、服務規律を定めたにもかかわらず、それを違反する行為を繰り返す社員は、制裁の対象にもなりますので、企業秩序維持の点からも服務規律を定めることは効果的です。

メインに戻る メインに戻る
[ 就業規則作成の手引き その1へ戻る | メインに戻る | 印刷用ページ]
Copyright(c) 2006 YUTAKA KUNIMOTO All Rights Reserved. Supporting By Crouton Co., Ltd.