メインメニュー
ゲンキ数珠つなぎ
[2018年6月放送]

(再生中にマウスをのせると一時停止、ボリューム、全画面表示等のボタンが表示されます。)

ブログ
ニュースレター
*國本のツイッターです
Facebook
検索
会社を伸ばす就業規則を作成して、利益の上がる会社を作りましょう!
次の項目に一つでも該当したら・・・  就業規則の見直しをしませんか。

・就業規則は会社の金庫に大事にしまっている
・3年以上、就業規則を見ていない
・実は就業規則の内容が分からない
・労務の専門家に見てもらったことがない
・就業規則はあるが、よくある雛形に少し手を加えただけである
2.前文には経営者の思いを込めて

前文についての解説です。
 
〜この規則は、株式会社○○○○とその社員が相互信頼の上に立ち、社員の福祉の向上と社業の発展を目的として制定されたものです。会社と社員はそれぞれの担当する経営、職務について責任をもって積極的にかつ誠実にその義務を遂行することによって、この目的を達成することを目指します。〜

上記は、前文の一例です。ここでは当たり障りのない言葉を書いてますが、前文は、経営者の「社員や業務に対する誓いの言葉」だと私は捉えています(高校野球の選手宣誓のようなものですかね)。また会社の経営理念をお聞きして、それを前文に落とし込むこともあります。

この前文に書いたことを達成するために、他の規定が存在するといっても過言ではありません。たかが前文、されど前文。ここには、経営者の方の事業に対する熱い思いを落とし込みましょう!

メインに戻る メインに戻る
[ 就業規則作成の手引き その1へ戻る | メインに戻る | 印刷用ページ]
Copyright(c) 2006 YUTAKA KUNIMOTO All Rights Reserved. Supporting By Crouton Co., Ltd.