メインメニュー
ゲンキ数珠つなぎ
[2018年6月放送]

(再生中にマウスをのせると一時停止、ボリューム、全画面表示等のボタンが表示されます。)

ブログ
ニュースレター
*國本のツイッターです
Facebook
検索
会社を伸ばす就業規則を作成して、利益の上がる会社を作りましょう!
次の項目に一つでも該当したら・・・  就業規則の見直しをしませんか。

・就業規則は会社の金庫に大事にしまっている
・3年以上、就業規則を見ていない
・実は就業規則の内容が分からない
・労務の専門家に見てもらったことがない
・就業規則はあるが、よくある雛形に少し手を加えただけである
17.勤務条件編その7〜賞与でメリハリを

同じ仕事量にもかかわらず、時間外労働をしなかったAさんは、時間外労働をしたBさんよりもらう金額が少なくなります。そうなると、「同じ仕事量なのに何で?」とAさんから不満が出てくるでしょう。

この場合は、賞与で差をはっきりとつけるべきだと思います。元々賞与というのは会社に必ずしも支給義務はありません。日本では支給することが慣行化されている会社が多いですが、本来の賞与の役割は、
「会社が業績を上げて、それを貢献度に応じて配分するもの」
だと私は考えます。

そこで、上の例の場合、同じ仕事量にもかかわらず、Aさんは時間外労働せずに(つまり残業代を発生させずに)こなしたわけですから、当然Aさんの方が貢献度は大きいです。ですので、その分Aさんに賞与を多く支給するべきです。またそれと同時に大事なことは、賞与が少ないBさんに対しても、きちんと理由を示すことです。

今の日本は、労働時間に応じて給料を払うという考えが根強いです。もちろん、その形態が合う業種もありますが、労働時間より成果を重視する方が合う業種もあります。自分の会社はどうなのか、経営者の皆さんは一度考えてみるべきです

メインに戻る メインに戻る
[ 就業規則作成の手引き その2へ戻る | メインに戻る | 印刷用ページ]
Copyright(c) 2006 YUTAKA KUNIMOTO All Rights Reserved. Supporting By Crouton Co., Ltd.