メインメニュー
ゲンキ数珠つなぎ
[2018年6月放送]

(再生中にマウスをのせると一時停止、ボリューム、全画面表示等のボタンが表示されます。)

ブログ
ニュースレター
*國本のツイッターです
Facebook
検索
会社を伸ばす就業規則を作成して、利益の上がる会社を作りましょう!
次の項目に一つでも該当したら・・・  就業規則の見直しをしませんか。

・就業規則は会社の金庫に大事にしまっている
・3年以上、就業規則を見ていない
・実は就業規則の内容が分からない
・労務の専門家に見てもらったことがない
・就業規則はあるが、よくある雛形に少し手を加えただけである
22.安全衛生その3〜指定医師の健診を忘れずに

社員の人が傷病等で長期欠勤・休職後、いよいよ職場復帰という段階に至った場合、最終的な判断をどうするかは難しいところです。

本人が「私は大丈夫です。元気に働けます」と言っても、実際は完全に直っておらず、責任感または生活のために無理をして会社に出てきて、また病気がぶり返すということもあるかもしれません。そうなっては意味がありません。

そんなときは、
「会社の指定する医師の健康診断を受けさせることがあります」
という規定を入れておきましょう。
これにより本人の申告が適正がどうか判断し、もしまだ復帰が早いようだったら無理をさせず休んでもらった方が良いと私は考えます。

良い仕事をするには、健康な状態であることが何よりの条件です。このような慎重な考えも大事だと思います。

メインに戻る メインに戻る
[ 就業規則作成の手引き その2へ戻る | メインに戻る | 印刷用ページ]
Copyright(c) 2006 YUTAKA KUNIMOTO All Rights Reserved. Supporting By Crouton Co., Ltd.