? 社員が権利ばかり要求するのが心配です・・
きちんとした物を作れば、決してそんなことはありません!

経営者の方と就業規則のお話をする中で、「社員が有給休暇とかの権利ばかり要求するのではないか?」との意見がよく出てきます。

労働基準法では、一定の勤務条件を満たした人には有給休暇を取る権利が発生します(これはいわゆる正社員だけでなく、パート社員にも日数は短縮されますが発生します)。しかしこのことを知らない人も多く、就業規則を公開することで、「その権利が分かってしまい、その結果権利を乱用され会社が成り立たなくなるのではないか?」との心配をする経営者の方が多くいます。

そこで「他にはどんな権利が心配ですか?」と聞くと、「・・・・・」と答えが出てきません。
つまり経営者の方が心配なのは、有給休暇の乱用くらいではないでしょうか?しかしその有給休暇も取得の仕方を一工夫して就業規則に定めることによって、乱用の予防はそれなりに図ることができます。もし取得の仕方を定めてなければ、まさしく無秩序状態になってしまいます。

また「ルールでがんじがらめになるから嫌だ」というご意見もありますが、私はむしろルールがない馴れ合いの状態のほうがむしろ危険だと思います。
えてして人間は、何事も自分の都合のいいように解釈するものです。「これはできるけど、これはダメだ」というような最低限のことは定めておくべきです。



國本豊 社会保険労務士事務所(山口県柳井市)にて更に多くの記事を読むことができます
http://www.k-sr.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.k-sr.jp/modules/sections/index.php?op=viewarticle&artid=18